角膜ヘルペスの症状と治療期間

ヘルペス
この記事は約3分で読めます。

角膜ヘルペスとは?

角膜ヘルペスは、目に症状が現れる病気で、口唇ヘルペスと同じく、単純ヘルペスウイルスの1型が感染することで発症します。

発症しやすいのは主に30代~40代で、他人との接触の他、自身の口唇ヘルペスに触れてうつる自家感染で感染するのが特徴です。

角膜ヘルペスが発症すると、ウイルスは目の奥にある脳付近の三叉神経に潜伏します。

子供の頃に潜伏したウイルスがストレスや免疫力の低下などによって、再び症状を引き起こすケースもあります。疲労感や熱っぽさも再発の切っ掛けになるので、患った経験がある人は注意が必要です。

ヘルペスは完治が困難で、切っ掛けさえあれば再び増殖し始め、そして症状が現れる結果に至ります。放置すると様々な症状に悩まされ、悪化する懸念もあるため、早めの治療が必要です。

30代~40代に多いのは、働き盛りでストレスや疲労感にさらされやすく、免疫力が低下しがちな人が少なくないからです。

口唇ヘルペスが疑われる場合は、安易に患部に触れてうつさない為に、速やかに治療を始めるのが賢明です。

角膜ヘルペスの症状

角膜ヘルペスは、発症すると目の痛みや充血、涙が生じます。

上皮型と実質型という2種類に分けられ、前者は目の表面、角膜上皮層という部分にウイルスが感染して増殖します。やがて木の枝のように症状が現れ、樹枝状角膜炎と呼ばれることもあります。

視力が低下する心配はありませんが、目の充血と痛みやゴロゴロとした違和感が出てきます。

実質型は、角膜の中心にある層にウイルスが感染、増殖することで発症するのが主な違いです。より内側に増殖しようとするので、腫れが生じて視力の低下にも繋がります。視界の欠けや歪みに繋がるため、早く治療することが重要です。

ヘルペスは完治こそ難しいものの、正しく治療を行えば症状を抑えられ、問題なく日常生活が送れるようになります。しかし、治療を後回しにしたり、繰り返し再発したりすると、症状が進行して失明のリスクが高まります。

症状に気づいたら早く治療を始める、これが進行を抑える為に重要なポイントです。

目に違和感を覚えてそれが長引く場合は、ヘルペスの感染を疑うことが大事です。

角膜ヘルペスの治療期間

角膜ヘルペスは、バルトレックスやゾビラックスといった薬に、ステロイドを含む点眼薬を使えば、早ければ5日~1週間で治ります。

治療のタイミングが肝心で、早く治療を始めるほど治療期間が短く済みます。治療が遅れて症状が進行したり悪化した場合は、2週間以上長引くこともあるので注意が必要です。

初めてのヘルペス感染だと、症状の判断が難しいですが、違和感を覚えたら早期に専門家に相談しましょう。

角膜ヘルペスの治療薬には、内服薬のバルトレックスとゾビラックスの他、軟膏も存在します。

初期段階なら内服薬で十分に治療効果が得られます。

バルトレックスもゾビラックスも、共に実績が豊富な薬です。

前者は後者を改良して作られているので、服用回数が1日4~5回から2~3回と少なめです。

タイトルとURLをコピーしました