バルトレックスの副作用

バラシクロビル
この記事は約3分で読めます。

バルトレックスでよくある副作用は頭痛

バルトレックスの臨床試験では、さまざまな副作用が報告されています。

バルトレックスの適応がある疾患(単純疱疹、帯状疱疹や性器ヘルペス、性器ヘルペスの再発抑制)ごとに、起こりやすい副作用について、簡単にまとめます。

まず単純疱疹の治療にバルトレックスを用いた場合、全体の16.1%に何らかの副作用が起きたと報告されています。

最も多いのが頭痛ですが、その割合は全体の2.8%とそれほど大きくはありません。他にも、眠気が2.5%、肝機能検査値の上昇が1.3%などとなっています。

造血幹細胞移植患者に対する臨床結果については、副作用の報告はありません。

一方、帯状疱疹や性器ヘルペスの治療に対しては副作用が発症する割合がやや高くなります。

帯状疱疹が全体の21.4%、性器ヘルペスは29.2%です。

帯状疱疹の副作用は、肝機能や腎機能の数値の悪化なのが主な症状です。性器ヘルペスについては頭痛の割合が高くなります(9.6%)。

性器ヘルペスの再発抑制を目的とした場合は全体の3.3%、水痘については1.6%の副作用が報告されています。

おや?と思ったら気をつけたい、稀で重い副作用の症状

バルトレックスの服用で起きやすい副作用は、頭痛など比較的軽いものばかりです。

副作用が起きる頻度は、他の医薬品と比べても低めとなっています。

しかし、稀に重大な副作用があることも報告されているので注目すべきです。

バルトレックスの重い副作用として挙げられるのがアナフィラキシーです。

アナフィラキシーとは、薬に対する強いアレルギー反応のことで、全身に症状が出ます。呼吸困難や血圧低下、意識障害などを引き起こし、場合によっては生命の危険につながる重大な副作用です。

アナフィラキシーは発症する頻度が不明となっています。

この他にも呼吸停止や間質性肺炎などの呼吸器系のトラブル、肝炎などの重大な副作用についても頻度不明です。

臨床試験における発症の頻度は0.05%と極めて低いですが、血小板減少にも警戒が必要です。血小板が減ると血液が固まりにくくなります。このほかにも血液の成分(ヘモグロビンなど)が減少する報告もあります。

バルトレックスの重大な副作用として、精神神経症状(頻度は0.24%)も把握しておきたいところです。意識喪失た全身けいれん、てんかんなどの症状が現れます。

これらの精神神経症状は、脳症を伴っていることもしばしばあります。脳症とは脳内に浮腫が生じるもので、嘔吐や呼吸・血圧の変化、意識障害やけいれんなどの引き金になる症状です。

バルトレックスを飲むとあらわれるその他の副作用

バルトレックスの副作用は、軽微なものから生命に影響を与える重大なものまでさまざまです。

その他の副作用として、以下のような症状についても報告されています。これらの症状が明確に現れた場合、服用をやめる、量を減らす、医師に相談するなどの適切な対応が必要です。

発症する頻度が0.5%以上と比較的高く、注意が必要なのは肝機能検査値が上昇することです。体のだるさや食欲不振、皮膚や白目が黄色くなる、尿が茶褐色というような異常が見られる場合は、肝機能の低下が疑われます。

放置しておくと肝炎などの重大な病気につながる恐れがありますので、早期に医師に相談することを心がけましょう。

頻度は0.5%未満とそれほど高くありませんが、過敏症に悩まされる可能性もあります。過敏症とは普通の人が何とも思わないような弱い刺激に対し、過剰に反応してしまうことを言います。

アレルギーも過敏症の一種とされます。中でも厄介なのが光線過敏症です。この病気は太陽の光を浴びると、皮膚に炎症やかゆみを伴う発疹が発生するのが特徴といわれています。

光線過敏症を患うと、日差しの強い時間帯の行動が制限されたり、紫外線対策を万全にしなければならないなど、生活が不便になります。

タイトルとURLをコピーしました